君がいなければ多くの人が困る!現代の必需品プリンターを学ぼう

コストを抑えて利用

経費削減のための利用

数多くの機能がある大型のレーザープリンターはトナーの金額も万単位となります。特にカラー印刷が可能なタイプは色別にトナーの取り換えが必要になるのですべて交換すると10万円を超える場合もあります。トナーは消耗品です。高品質にこだわらないのであれば再生トナーの利用が経費削減につながります。再生トナーの利用であれば純正品に比べて価格の面ではかなり安くなります。たとえばカラートナーを4本取り替えなければならない時、純正品であれば10万円を超えていたものが再生トナーの利用で5万円程度で済むということになります。しかし粗悪な再生トナーを使用するとプリンター自体が破損する可能性もあるのであまりに激安なものは避けた方が安全です。

純正品との価格の違い

純正品のトナーと再生トナーでは色の面で違いが場合がありますが写真等で鮮明さを追求しなければほとんど問題がないのが現状です。それだけ再生トナーの性能が進化しているといえます。再生トナーを使用してもプリンターが故障する確率が減少すると利用者がますます増える分野と言えます。純正トナーの価格が下がらない以上、品質の良い再生トナーを優先的に使う人が増えることが想像できます。再生トナーの利用が拡大すると純正トナーを販売している企業に危機感が募り値下げにつながる可能性があります。価格が下がることは消費者にとってはありがたいことです。製品の向上が高額品の値下げという形に反映される可能性を秘めている商品と言えます。